セラピストの執筆情報 · 19日 11月 2018
 子どものこころのこえを聴く仕事をしている。  そのこえは、どんな風に伝えられるだろう。  大人は、言葉を使って、自分のことを説明してくれる。子どもは、まだ大人ほどは、言葉で自分のことを説明できない。  子どものこころのこえは、遊びのなかで表現されることがある。...
セラピストの日常 · 16日 11月 2018
 子どもの頃、祖母の家の庭で苔を眺めていた。  苔をズームして見ると、ジャングルにそっくりだ。小さい世界は大きい世界の相似になっている。と、まだ相似という言葉も知らない頃に思っていた。  私はいま、いろいろな人の作る箱庭を眺める仕事をしている。祖母の家の庭で苔を眺めていたときと、やっていることは同じなのかもしれない。...

セラピストの執筆情報 · 30日 10月 2018
戦争被害者のために寄付をしている人の、すぐ隣の家の中で、戦争の中で起きているのと同じくらいの人権侵害行為が行われていること。  そこには大抵、BBCの記者はやってこない。戦場カメラマンも来ない。もし、報道されることがあったとしても、「人の家庭のことだから」と、みんな踏み込むことを躊躇してしまう。...
 心理カウンセリングの事例の発表会を聞いていると、セラピストと相談者の組み合わせの妙のようなものをいつも感じます。その相談者がそのセラピストを選んでやって来ているかのように感じられることがあります。セラピストと相談者がなんだか似た気質であったり、セラ ピストの抱えている問題を抱えた相談者が来ていたり。...

セラピストの日常 · 30日 10月 2018
 最近なんだか苦しかったのです。  理由はたぶんわかっているのです。結局は、公認心理師の受験申込みが億劫だったのだと思うのですが。...
 合気道を習っていました。  合気道にもいろいろと流派があるのですが、心身統一合氣道という流派の先生に習っておりました。  心身統一合氣道は、合気道の開祖の植芝盛平氏と、中村天風氏の影響を受けています。  植芝盛平氏もいろいろと逸話を持っている傑物ですが、中村天風氏もなかなか面白い人物です。...

箱庭療法・心理カウンセリング東京のカウンセリングルーム
 箱庭の砂は、沖縄の離島の浜辺の砂です。さらさらで綺麗で、この砂の感触に癒されます。
セラピストの訓練 · 29日 10月 2018
 教育分析を受けていたことがあります。  無意識を扱う学派のセラピストを目指す人は、トレーニングの中で、自身も、自分より経験のあるセラピストの心理療法を体験する必要があります。無意識を扱えるようになるために、セラピストが自分自身の無意識を把握しておかなくてはいけません。...

 発達障害に対するアプローチやサポートといえば、現在は療育や訓練が主流です。  発達障害に心理療法は有効なのでしょうか?  ユング派の研究者である河合俊雄先生が編者の『発達障害への心理療法的アプローチ』の内容を紹介しながら、考えてみたいと思います。  河合先生は、発達障害の特徴を「主体の欠如」としています。...
セラピストの日常 · 29日 10月 2018
 私は臨床心理士たちで『資本論』を読む会に参加していました。  月に一度、マルクスの『資本論』の課題範囲を読んで、カフェで自由に話し合っていました。  参加者は、私も含みみんな、臨床心理士です。 カウンセリングルームを営んでいる方もいれば、大学講師をされている方もいました。...

さらに表示する